Home         Profile      ■設計の進め方 

  

 ■埼玉県 医院併用住宅 内部



  1階が医院、2,3階が住居となっています。
  医院併用住宅は特に後年の改装に備える
  必要がありその点でコンクリート構造を採
  用しました。
  内部間仕切りは構造体からは切り離されて
  いるためすべての間仕切り壁は撤去、移動
  が可能です。


  3階建て(鉄筋コンクリートラーメン構造)
  
設計期間:12ヶ月  
   施工期間:10ヶ月  約430u

 浦和のコンクリート住宅。インテリアデザイン。
      写真へスクロール      主な作品        設計・デザイン:フォルムザール






タイルと左官仕上げの壁で囲まれた広い居間です。家具と照明器具の選定も設計に含まれます。
居間 ・ダイニング ・ キッチン   (約54u)  少し大きなLDKとなりました。

ページtop
フロスの照明器具と大きな吹き抜けです。
ページtop
夕暮れ時の照明計画は住宅の居間にとっては特に重要なデザインです。
ページtop
ソファの選定も設計・デザインに含まれます。
ページtopへ
右奥には広い屋上テラスに開く大きなサッシがあります。
ページtop


ページtop

 
ソファ・テーブル:Arflex    
建物に印象的な外観を与えることになったヴォールト天井。
大きなLDKとなりました。
高いヴォールト天井と壁は左官仕上げ、
テラコッタタイルの床は暖房されています。
ページtop
格子戸の中はご主人の書斎です。
書斎引き戸
この左に家庭用エレベーターがあります

ページtop
広い階段室。横には家庭用エレベーターがあります。
ページtop
仕事スペースにつながるドアがある玄関です。左の鏡は天井まで達する大きな靴入れです。
玄関
左に見える鏡は靴収納のスライディングドア、

正面に見えるドアは医院の事務スペースにつながります。

主な作品               ページtop               建物外部
 撮影:大野 繁         
         ▲HOME           Profile       ■設計の進め方