▲ Formsaal top    ▲ Profile : 前砂雅弘    ▲ Works : 主な作品   ▲ 設計と設計監理

設計の進め方と、設計費用。
STEP-1 顔合せ会
まずはお会いしましょう。   場所も時間もご都合に合わせます。
その際、建築予定地に関わるお手持ちの書類(測量図や敷地調査図)などをご用意ください。

家族構成やご希望の日程、ご予算、 「 これだけは! 」  という強い想いなどをお聞かせください。
改装(リフォーム)の場合は既存建物の図面があると便利ですが、あってもなくても後に実測いたします。

こちらもデザイン・設計の実務について、より詳しい資料や写真を用意いたします。 

STEP-2 基本調査
顔合せ会の後、敷地を確認して基本的な諸条件の調査をします。
多くの場合、建築基準法に基づいて建築可能な最大の大きさを算出し、敷地が持つ、注目すべき特徴
を洗い出します。

STEP-3 打合せ会
以上の作業の結果を整理して打合せをしましょう。
その日までに敷地図(略図)を作り、建物の大きさが認知できるような図面やスケッチ等をお見せします。
また、もう少し具体的に希望や不安、問題、目標金額などをお聞かせください。

フォルムザールに設計・設計監理を依頼するか否かは、この打合せの後にお決めください。  
状況によっては、この打合せを繰り返し、また少し計画を進めた上で契約にいたる場合もあります。
ここまでの作業に対する費用は、基本的に無料です。

 ( 例えば地盤調査、測量などの作業があった場合は、その費用は別に必要です )
                                                             
  STEP-4 設計契約
  この段階で設計の契約を取り交わしましょう。
いよいよ本格的な設計作業が始まります。一緒に敷地をよく観察したり、ショールームに行って
家具や設備機器に手を触れると我が家を建てる実感が湧いてきます。

STEP-5 基本設計
基本調査の結果などを踏まえて、設計・設計監理の契約に至った後、基本設計が始まります。
この基本設計期間はご希望やアイデアを具体的に図面やスケッチ、模型や3D映像をお見せする期間です。
だいたい2週間に一回程度繰り返すのが理想です。
一番楽しい時期かもしれませんが、非常に重要な時期とも言えます。

建物の内部、外部、設備など基本的な事柄に納得ができた時点で 「 基本設計図 」 をまとめ、
ご了解をいただいた後、STEP-6 (実施設計) に進みます。

銀行との打合せがある場合はこの図面をまとめ、同席もいたします。(設計業務に含まれます)

  STEP-6 実施設計
  ここから詳細な寸法、使用する材料、施工方法,などを決定する「実施設計図」を作成します。
その過程で現れる検討すべき問題を解決しながら、より具体的な仕様が決められ、
同時に構造計算も実行されます。

また家具やキッチンなどのショールームにご案内して、大きさや機能の確認をお願いしています。
トイレ、浴槽などの設備機器や、床、内壁、外壁、タイルなどの素材も同様です。

「 実施設計図 」は確認申請や工事見積もりに直接反映されるものとなり、STEP-7への準備が整います。

STEP-7 見積もり調整 と設計監理  確認申請
設計・デザインの実務の中では建築コストの調整は重要な要素となります。
住宅の場合、理想的には信頼の置ける施工会社を決めて図面を渡し、提出された見積もりを基に、
設計監理業務としての「見積調整(査定) 」を行って目標金額に収める工夫をします。
しかし他の施工会社にも図面を渡す「あい見積もり」とすることも多くあり、どちらにするかは打合せによります。
見積もり(金額)の調整作業には建物の仕様の変更や、場合によっては施工方法の変更などが含まれますが
これによる設計料の追加はありません。( 建て主の希望が多く含まれる場合は除きます )
また、この時期に前後して確認申請を行い、見積もりをする建物の法的な手続きを完了させておきます。

  STEP-8 工事開始と設計監理
  法律的手続きを終え、工事金額が決まって施工会社との「工事請負契約」を取り交わします。
工事請負契約には工事監理者として前砂が立ち会います。

   設計・設計監理にかかる費用は原則として
『 目標金額 』 の10〜15%程度です。
     設計と設計監理  を読む

     前砂 雅弘 Profile  を読む
設計・設計監理料は、その算定の基準を 「 工事費の目標金額 」 とすることができるのが
フォルムザールの特徴です。

建て主と設計者が(納得した上で)目標工事金額に向けて努力することを目指すものです。

具体的な金額は、目標とする工事費のおよそ10〜15%前後とお考えください。(構造形式や規模によって
変動します)
施工会社との工事契約金額が目標を上回っても、原則として設計・設計監理料の追加はありません。

設計・監理にかかる費用は敷地や建物の条件によって限定することが難しいため、
個別にお見積もり、お話することにしています。

施工者とは別の独立した設計者が隅々まで打合せを重ね、コストの調整をして施工者を監理することを
考えれば設計・設計監理の必要性とその効果、価値は理解していただけるものと信じます。

 ■ お支払いいただく回数は5〜6回程度
基本的には(新築の場合で)
 ● 着手時(契約時)
 ● 基本設計終了時
 ● 実施設計終了時(確認申請業務完了時)
 ● 上棟時
 ● 竣工引渡し時
となりますが建物の規模、新築やリフォーム。工期、その他の状況によって回数の増減もあります。

設計期間  ・ 開始から着工(地鎮祭)まで
一般的には敷地を確認してから基本設計、実施設計、確認申請と進み、見積もり調整を経て
周辺の挨拶を済ませ、地鎮祭が行われるまでに6〜8ヶ月程度とお考えください。

(がけ地や文化財埋蔵の指定地域、宅地造成や開発申請がある場合はこの限りではありません。)
工事期間・その後
工事期間は規模や敷地の条件によって異なりますが一般的な木造二階建ての場合で5ヶ月前後です。
引越しが済んで新しい生活が始まると建物に関する細かな部分の調整や修正の必要も出てきます。
フォルムザールはそのような部分の相談や検討もお受けしています。
また工務店(施工者)が行う1年点検、2年点検にも立会い、問題があれば解決方法を探し
その後の保守についてもアドバイスいたします。

▲ Page top 

▲ Formsaal top    ▲ Profile : 前砂雅弘    ▲ Works : 主な作品     ▲ 設計と設計監理  
Copyright 2015 © Formsaal, M.Maesuna, All Rights Reserved.