■ 一軒丸ごとリフォームしましょう (改装・解体から完成まで) 
  古い木造住宅のリフォームの場合は図面がないことがほとんどです。
  この建売住宅も不動産取得時(30年前)の簡単な平面図があるだけでした。
  
  新築か改装かの判断が必要でしたが内部の一括改造が選択されました。
  建物の骨組みにまで手を加える「スケルトンリフォーム」は今までの不満を一気に解消する有効な手段です。
 

 不自然な傾斜    ■ デザインの中心
左のように不自然に傾いた天井の下にダイニングをデザインするのが
このリフォームの中心となりました。  さてどうしましょう。


明らかに不自然な天井の勾配は屋根の勾配が原因のため、内側の骨組みを変えると
法律に違反することになります。

これをどのようにデザインに取り込んだか。以下に見ましょう。 
解体1
■ 解体

木造の改装計画は、構造体の予想から始まります
解体する前に壁の位置から柱の役割が想定できるものですが、実際に構造体を見てから
考えることも多くあります。

また、電力・上下水道・ガス・空調・電話・ネット環境・周囲の建物・周辺道路、
その他、見積りと工事に関係する全てを事前に理解しておくことに勤めます。

手順を踏んで まず初めに「解体作業」が行われます
撤去しなければならない柱が現れます。

下階との関係がないことを確かめたうえで、屋根を支える補強をして撤去します。
新築当時の大工の考えが見えてきます。


構造補強

構造補強2

■ 構造補強
既存建物の実情に合わせた構造補強・耐震補強を実施します。
ほとんどの場合、土台と柱の接合が問題となりますが、現在の規格に適合する
金物を使用します。

斜めに見える木材は「筋違(すじかい)」。 地震や風の力から建物を守るきわめて
重要な構造材です。

このような耐震部材の上下(1階、2階)の繋がりが大きな意味を含んでいます。

全体3D画像 ■ 全体を見たい
解体後、柱・梁の骨組みを3D画像として視覚化し、構造的な処置と
デザイン・スタイリングの詳細が検討されます。
工事契約時にははっきりできない部分については、話し合いの上、
予想される増額分を予算から差し引いて設計を進めるので、予算大枠からは
大きくはみ出ることはありません。

リビング3D画像 ■ 3Dデザイン
このデザインの場合 不自然な天井勾配をどのようにデザインに取り込み
より快適なダイニングになるよう考えられています。
3Dモデリングによって分かりやすく説明することができます。

設備計画3D画像
■ 設備と形・見ることができない屋根の上からの画像
デザインは、形ばかりを追い求めることではありません。
そこにこめられた構造的、設備的な意味も重要な部分であることを忘れることは
ありません。
この画像は屋根の構造材とその補強方法に加えてキッチンの排気、給気のダクト
が赤く色が付けられて説明されています。
 
新装工事準備完了・補強梁
■ デザインの実行
構造補強されて 柱が撤去され、目的の空間のプロポーションが見えてきます。
ダイニングテーブルの上に展開される空間が想像できるころです
建て主も現場に訪れることが増えてきます。

天井造形下地 ■ 新しい性能
新しい断熱材が張られ、寒かった部屋も昔の話となって行きます
宙に浮かせるようなデザインとなった天井のカーブが実寸模型で確認されています
腕の良い棟梁は、しばし見上げて、少しため息。建て主は笑顔。 現場監督は職人の
手配に忙しくなるころです。
設備施工関係者が適切な時期に現場に集まれるように準備が進みます。

天井造形工事 ■ 形の下地
ダイニングを象徴する天井の造形は棟梁の意地と、監督さんの努力で実を結びました。
作業進行の、一歩先の詳細図は設計監理の仕事となります。タイルの割付、照明器具の
設置位置、スイッチの系統、最後にはベニヤ板に原寸でスケッチを描いて・・・
完成までの道筋が、もうだれにでも見えてきます。

完成 ■ 明りが灯って、騒音が止まる。
この写真のカメラ側に満足そうな工務店の面々と笑顔の建て主がいます
設計・設計監理者としても幸せの時です。


 現場に行きましょう

 フォルムザールの設計監理は工事完了引渡しまで、途切れることなく続き、基本的には最低週に一度現場打合せを施工者
 と実施します。
 建て主との確認が必要と判断された場合は事前に時間を決めて三者が現場内で打合せをします。
 図面では理解に苦しむ事柄も実物を見れば誰にでも分かることが多いのです。

 デザインの意図を伝えたい

  設計監理者は建築基準法に基づく業務は基より、設計図書には表現しきれない、図面の意図を
 施工管理者に伝え、より質が高く、建て主の想いを色濃く反映した建築、建築空間となるよう 最後まで努力します。


   ▲ Formsaal     Works : 主な作品 に戻る       ▲ ページの先頭に戻る

Copyright2015© Formsaal, M.Maesuna, All Rights Reserved.